親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

歯の破折片の除去

抜歯に似た処置に

破折片の除去という処置があります。

 

破折片の除去とは

何らかの理由で歯の一部

もしくは歯の大部分が割れてしまい

歯として機能せず、

尚且つ修復処置もできない場合に行われる事があります。

 

歯の一部が割れた

歯が虫歯などによって

歯が欠ける事があります。

 

欠けた際に口の中から

ポロっと取れる場合ではなく

欠片の一部が歯肉についてしまって

そのまま口の中に残る場合があります。

 

そのような場合は

欠片が中途半端に口の中にとどまり

グラグラする事で食べ物を噛んだ際に

当たって痛いといった状態になる事があります。

 

歯の欠片が残る事で

清掃性が悪くなり

プラークがたまる原因になる事もあります。

 

これらのような状態の時は

麻酔を打って破折片を取り除く事がありますが、

破折片の除去は比較的浅い麻酔でできる事が多いです。

ちょうどグラグラになった乳歯を抜く感覚に近いです。

 

破折片は歯の頭(歯冠)以外にも

歯の根(歯根)に対して行われる事もあり

歯根の破折片除去の場合は

歯を支える骨(歯槽骨)に深く入ってる事もあり、

この際は歯冠の欠片を取る場合と比べて

深めの麻酔をする必要が出てくる事があります。

 

歯の大部分が割れた

歯の小さな欠片の他に

大部分が割れてしまう事もあります。

 

歯の一部が残せて修復処置が行える場合は

その部位を残して

他の修復処置できない欠片を取り除く事があります。

 

この場合も

破折片の除去を行うのですが、

一部だけが割れた限局的な破折片の除去とは違い、

大きな破折片を除去する事になるので

抜歯に近い状態になる事もあります。

 

破折片を除去した後に

残った歯に修復処置が行えない場合は

そのまま抜歯の処置へと移行する事もあります。

 

一部残った歯に修復処置を行えずに

そのまま放置すると

その部位が感染源となる事もあるため

その際は抜歯を行う事もあるのです。

 

破折片を除去した後

歯の欠片を除去して

傷口も綺麗に治った後には修復処置を行います。

 

破折片除去後の修復処置

通常の虫歯の際の修復処置と同じものから

歯根の一部を利用しての修復処置など

歯の状態によって様々です。

 

歯の破折が非常に限局的な場合は

詰め物などで治せる事もありますが、

歯の大部分が割れてしまい

かろうじて一部残った歯根が利用できる場合は

他の歯と連結して歯冠を作ったり、

むしろ

あえて歯冠を作らずに

歯の根をそのまま残して

感染しやすい部位に蓋をする

根面板という状態にする事があります。

 

どのような処置をする場合でも

歯の破折によって歯の一部が割れてしまった場合は

その部位がどのような状態になっているのかを確認した上で

どのような処置を行っていくの決定していく必要があります。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯や抜歯しないといけなくなってしまう原因やその治療法についても様々な情報をお届けしています。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE