親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

口が開かなくて受診される患者さんが時々いますが、

そういった理由の際に親知らずが炎症を起こして口が開かない

といった状態になっている事もあります。

 

口を開けるたびに喉の奥が痛い

親知らずの炎症が波及すると喉の方に炎症が広がる事で

唾を飲み込んだ時に痛いといった症状が出る事があります。

その他にも痛くて口が開けられないといった場合もあります。

 

口を開ける際の痛みは親知らずだけではなく

他の理由で起きる事もありますが

親知らずの周りに炎症が起きて炎症が回りの組織に波及したり

時には筋肉まで炎症が広がる事があります。

そういった時に口が開かないといった症状が出る事があります。

 

親知らずが原因で口が開かない場合は

口が開かない状態を開口障害と呼びますが、

開口障害の原因が親知らずによる炎症の場合は

速やかに炎症を抑える消炎処置を取る必要があります。

 

抗生物質の投与によって感染と炎症が収まってくる場合は良いのですが、

開口障害がみられるくらい炎症が波及している場合は

抗生物質の投与だけでは炎症を抑える処置が追い付かない事もしばしばあります。

そのため、そのような強い感染症状や炎症が認められる場合には

腫れた部位をメスで切って速やかに膿を排出する事が必要になる場合もあります。

 

膿を切って出す排膿処置の判断が遅れると炎症がさらに波及して

状態がさらに悪化していく事もあります。

そのため、開口障害が認められるのに加えて

親知らずの周囲に強い腫れと膿の停滞を認める場合は

抗生物質の投与よりも膿を出して炎症を抑えていく消炎処置が最重要になる場合もあります。

 

炎症が落ち着いたら

開口障害が認められるくらい強い感染と炎症を起こした親知らずはやはり後々にも同じ症状を繰り返すおそれがあります。

そのため、そのような強い症状が出た親知らずに関しては

消炎処置と感染が落ち着いた段階で早めに抜歯をしていく事も大切になります。

 

一時的に落ち着いた場合に様子を見るといった事を選択する場合もありますが、

元々の原因が親知らずである場合は

同様な症状が再び出る可能性が高くなってくるので

落ち着き次第抜歯を計画していく事も大切となってきます。

強い感染と炎症が認められる最中には抜歯を行う事は不可能なので

そういった落ち着いたタイミングを見計らって

思い切って親知らずを抜歯していく事もリスク管理としては大切となってくるのです。

 

親知らずを抜く際の判断としてはその親知らずが

どのくらい今後に影響を及ぼしてくるかを判断した上で決定していく事が大切となるので

そういった重い症状を引き起こす可能性のある親知らずの場合は

抜歯をした方がメリットが多い事もしばしばあります。

今池からすぐの阿部歯科では院長、副院長ともに口腔外科で長く経験を積んでいますので親知らずが腫れたなど不安な事がある場合はご相談ください。

親知らずが腫れるという状況は歯の清掃性の低下や

親知らず周囲に汚れが停滞して感染が成立する事で起きますが、

時には他の歯の感染根管を経由して親知らずが腫れてしまう事もあります。

 

第二大臼歯の感染を経由した親知らずのトラブル

第二大臼歯は親知らずの一つ前の大臼歯ですが、

この歯が虫歯になり神経が感染を起こして感染根管となり

根尖に感染を作る事があります。

 

その際にこの感染巣が第二大臼歯に留まる場合はまだ良いのですが、

親知らずが横に埋まっている場合に

その歯頭部は第二大臼歯の根の近くにある事があります。

 

この時に根尖部の感染が親知らずの歯冠部へと波及して

親知らずが腫れるのと同様の状態になってしまった場合には

親知らずの抜歯をしないといけない事もあります。

さらに、そういった親知らずの場合位置的には深くに埋まっている事もしばしばなので

親知らずの抜歯という点においても問題が出る事があります。

 

親知らずが腫れるのは炎症のため

親知らずが腫れるという状態は感染が起きて炎症が起きて

その結果腫れあがるという状態が多くをしめるため、

歯の清掃性が下がって腫れる場合も

その他の理由で感染が成立している場合にも似たような状態になっていると言えます。

 

親知らずが口腔内に出ていてその部位から感染が成立している場合は

まだ親知らずの位置的な問題を含めて抜歯の難易度が低く抑えられる事もありますが、

親知らずが口腔内に出ておらず、その他の理由

例えば第二大臼歯の根尖病巣から感染が波及して腫れているといった場合には

位置的な問題も含めて治療の難易度が上がる事もあります。

 

そういった意味で親知らずが横に寝ていて口腔内に出ていないものの

レントゲンで写真を撮った際に第二大臼歯の根尖付近に親知らずが埋まっている際は

普段は特別親知らずの問題が起きなくても第二大臼歯の感染状況によっては

難しい状態になる可能性もあるという事に注意しておかないといけません。

 

そのため、そのような親知らずの埋まり方をしている事が確認された場合は

その手前の歯の第二大臼歯には十分注意して

歯が感染を起こさないように注意をしておく事

将来的なリスクを考えた上では非常に大切な事となります。

 

それでも親知らずが感染をしてしまった場合は

十分注意していたにも関わらず親知らずが感染してしまった場合には状況によって

親知らずを抜く、第二大臼歯の治療を行う

といった事をしていく必要が出る事があります。

第二大臼歯の治療によって幾分か親知らずの感染が緩和される場合には

親知らずの抜歯を見合わせる事もありますが、

抜歯の難易度がそれほど高くなくすむ可能性がある場合は抜歯を検討する事もあります。

 

いずれにせよ、

感染状況、抜歯の難易度、治療によって症状が軽快するかといった事によって

どのように治療を勧めていくのかを慎重に決めていく必要があります。

千種区の阿部歯科ではこのような様々な状態の親知らずに対する経験が院長と副院長ともに豊富に持ち合わせています。

そのため、親知らずに問題があるかなと思ったらご相談ください。

虫歯などで歯の頭である歯冠が崩壊したりして感染源になっている場合に

抜歯を選択する事がありますが、

歯を抜かない事によるメリットというのも存在します。

 

歯を抜かない事によるメリット

感染源を取り除くという意味で抜歯を行う場合

その歯によってふたたび感染が起きてこないというメリットがありますが、

一方で抜歯を選択しなかった場合にもメリットは存在します。

 

感染原となっている歯があるものの、

その歯の感染がある程度コントロールできている場合に例え歯の冠を作れないくらい崩壊していても

歯を残す場合があります。

その際には歯の中に再び感染が起きないように根面板といった蓋をする事がありますが、

この根面板自体には物を噛む能力はありません

しかし、歯の根だけでも残す事で歯槽骨の吸収が穏やかになるというメリットもあります。

 

骨は通常歯が噛み合う力を受ける事で骨の吸収が抑えられていますが、

歯が失われる事によってその刺激がなくなり骨の吸収がすすむ事があります。

そういった際に歯の根だけでも残しておくとその根を通じていくらかの刺激が加わって歯槽骨の吸収が穏やかになる事があるのです。

 

歯の根を残す事で逆に骨の吸収が強くすすむ事がある

一方で歯の根を残す事で逆に歯槽骨の吸収が強く進んでしまう事もあります。

その状態とは感染がコントロールできておらず歯根を残す事で炎症が持続している場合です。

炎症が持続する事によって破骨細胞が活性化されて骨の吸収がすすみ

歯根の周りがどんどん溶けていく状態です。

 

歯根からの刺激を受けて歯槽骨の吸収がおだやかになるという状態は

あくまでも感染がコントロールされていて炎症が起きていない状態に限っており、

歯根が原因となって炎症が起きている場合はデメリットが多くなってしまいます。

つまり、歯根から受ける刺激による骨の吸収抑制よりも炎症による骨の吸収が上回ってしまい

歯根を残した事によって歯槽骨が吸収をつづけてしまうといった状態です。

 

歯根を残す場合には適応を考えて

そのような事情から単純に歯根を残す事自体が良いというわけではなく

逆に感染原となる歯根を早めに除去した方が歯槽骨の不必要な吸収を抑えられる事もあるのです。

歯根を残すかどうかはそれぞれの感染の状態にもよりますが、

やはり患者さんの希望という点も大きくなります。

そのため、歯根を残した場合にどのようなメリットやデメリットがあるかを確認した上でどのような処置を取っていくのかを決める事が大切となります。

池下の阿部歯科では院長と副院長共に感染や炎症について知見も深く、口腔外科での経験も長いため親知らずなどでお悩みの場合はぜひご来院ください。

 

親知らずが腫れたなど様々な理由で抜歯を希望する患者さんがいますが、

親知らずの抜歯に緊急性はあるのでしょうか?

親知らずが痛いといった状態は早急に対処をする必要がありますが

一方でその原因の除去に関しては

どれくらい早急に対処しないといけないかという疑問が患者さんにはあるかもしれません。

 

痛みが出た親知らずはすぐに抜かないといけない?

腫れや痛みといった状態が出た場合は

その原因となった親知らずの対処をする事が根本的な対処法となりますが、

一方でどれくらいの時期にその対処をしないといけないのかという

治療の時期的な問題も存在します。

 

例えば、すぐに何か大切な用事がある場合

その用事があるから痛くならないように抜歯をするというケースと

その用事があるから用事がすんでから抜歯をするケースという

状況が似かよっているのに全く逆の状態になる事があります。

 

具体的には

来週旅行に行くから旅行から帰ってきてから抜歯をしたいというケースと

来週旅行に行くから旅行中に痛みが出たら嫌なので抜歯をしたいというケースという

状態です。

 

これらの状態ですが、

抜歯をした後には傷ができますので

腫れや痛みが抗菌薬や消毒による感染コントロールでできる場合は

旅行中に抜歯後の痛みが出る事を注意して旅行が終わったら抜歯を計画する

といった治療方針が取られたりします。

 

しかし一方で

顔が腫れるくらい親知らずの感染が強くなり

口を開けているのも難しいといった場合は感染のコントロールが難しい場合もあります

腫れが強い状態で抜歯をすると逆に炎症が波及して

症状自体は一時期に悪化して治癒が遅れる事もあるので

急性期にある炎症に関しては抜歯ではなく、切開排膿といった炎症を取り除く消炎処置が選択されます。

 

親知らずを抜く時期は?

腫れや痛みといった状態が出た親知らずの抜歯の時期は

休みの前などある程度安静にできる時期がベストとなりますが、

時期的に難しいといった場合もあります。

そういった際には抜歯という処置自体ではなく

痛みや腫れといった症状に注目してその痛みや腫れを取り除く事が最優先事項になります。

そのため、

親知らずという痛みや腫れを起こしている原因を取り除く事も大切となりますが、

まずは最優先事項として痛みや腫れを取り除くという事を考えると

抜歯が難しい時期には消炎処置を緊急性のある処置と判断して

親知らずの抜歯は炎症が落ち着いたら行うといった治療計画をたてていく事もあります。

 

千種区の阿部歯科では院長と副院長共に親知らずの抜歯に対して多くの経験を持っておりますので親知らずの心配がある場合はぜひご相談ください。

歯は歯槽骨とよばれる歯に植わる事でしっかりと支えられています。

しかし何らかの理由で歯槽骨が溶けてくると歯をうまく支える事がむつかしくなり

時には歯が抜けてしまったりといった事が起きる事もあります。

 

炎症によって溶ける歯槽骨

歯を支える骨である歯槽骨は炎症によって溶けていきます。

炎症の理由は様々で

歯周病

嚢胞の感染

顎骨内の感染巣

などさまざまな理由があります。

これらに共通しているのは炎症が起きているという事で

炎症が起きる事で骨を溶かす細胞である破骨細胞が活性化しそれによって

歯槽骨が溶かされる事となります。

 

歯周病に対しては歯肉の周りが細菌感染によって炎症を起こし

それによって歯槽骨が吸収されるといった状況で

嚢胞や顎骨内の感染巣においても感染によって炎症が起こされ

それによって活性化した破骨細胞によって骨が溶かされるという状況が起きています。

 

炎症を抑える事が骨の吸収を抑える事に繋がる

細菌感染といった状態が起きた場合に歯槽骨が溶かされていくこととなりますが、

細菌自体が骨を溶かす事はありません

あくまでも細菌感染によって体の免疫細胞が反応して

それによって炎症を介して破骨細胞が活性化をして骨を溶かすという段階を踏んだメカニズムで歯槽骨は溶けていく事となります。

 

そのため、この炎症をコントロールするという事が

結果的に歯槽骨の吸収をコントロールするという事になります。

炎症をコントロールするためには炎症を起こす原因となった細菌感染といった感染を取り除くと共に

過剰に炎症が起きている場合は炎症自体をうまく制御できるようになると歯槽骨の過剰な吸収を抑制する事ができます。

 

炎症自体は細菌といった外敵に対する対抗措置なため

炎症自体、つまり免疫反応自体をなくすという事は逆に問題が出てきますが

炎症を適切な程度にコントロールするという事は大切な事となります。

過剰に炎症が強くなる事で腫れや痛み、歯槽骨の吸収といった副作用的な状態が起きている部分もあります。

千種区の阿部歯科では院長と副院長共に細菌感染に対する炎症への対応には長年の経験を持っており、

感染巣の細菌に対する対処をすると共に必要に応じて炎症に対しても適時対応をしていく事の重要性に注意を払っています。

 

炎症が起きる事は良くないことなのか

炎症は外的に対する免疫細胞の反応の結果としておきますが、血管といった組織自体にも変化が加わり発赤したり腫れたり痛みが出たりといった状況が起きます。

これらは免疫細胞と組織が関わり合いながら炎症という状況を作り出していますが

外敵を排除する上での反応の結果生まれた状況でもあります。

そのため、過剰な炎症は痛みや腫れといった苦痛を引き起こすものの

炎症自体は感染に対する対抗措置としてなくてはならない存在でもあります。

このような感染と炎症のメカニズムは親知らずが腫れる場合でも同様に起こっており、親知らずが腫れるという状態は言い換えれば細菌感染によって起きた免疫反応の結果とも言えます。

炎症によって骨が溶けて歯がグラグラして抜ける場合も親知らずが腫れる場合も実は似たような状況が関連しているのです。

今池からすぐの阿部歯科です。今回は親知らずなどの抜歯した歯がその後どのように処理されるかについてお話しようと思います。

抜歯を行った後に歯が残りますがこの歯はどのように処理されていくのでしょうか?

親知らずの抜歯や乳歯の抜歯などを行った際に

歯の形が奇麗に残っている場合は患者さんに持って帰るかを確認します。

抜歯した後の歯を消毒した上で袋につつんで本人にお返しするのですが

親知らずが横に寝ているといった場合は歯を分割してバラバラにするので

形としては奇麗に残ってない事もしばしばなので基本的には医院で処理する事となります。

 

抜いた歯のその後

患者さんに抜歯した歯を返却した場合や歯を分割してバラバラにした場合の他に

歯の形が奇麗に残っているものの医院で処理するといった場合に歯を消毒して保管する事があります。

現在では医療廃棄物として歯を処理していく事になるのですが、

医院によっては抜歯した歯を保管する事があり、

歯学部の学生の時にそのような抜去歯牙をもらうために歯医者さんを訪ねてもらう事があります。

 

歯学部の学生が抜歯された歯をもらう理由は実習で本物の歯を使って歯を削る練習をするためです

今では歯に似せたプラスチック製の歯を使って虫歯の除去や歯の形成などの訓練を積むことが多くなっていますが、

本物の歯を使って歯学部で虫歯を削る練習や形成の練習といった事も行われます。

本物の歯を使う場合は消毒が確実に行われている事が大切ですが

歯の解剖学的な構造や虫歯になっている位置など実際の治療に近い状態で訓練を積む事ができます。

 

段々変わる治療の実習

昔から実際の抜歯牙を石膏に植えて治療の練習をするといった訓練は長い事行われてきましたが、

時代の移り変わりと共に人工的に作った歯シミュレーター上で治療の訓練を行うといった事も増えてきました。

実際に私が歯学部の学生だった時にも本物の抜歯した歯を使って練習するよりも

プラスチック製の人工的に作られた歯の模型を使って実習を受ける事の方が多くありました。

今から15年以上も前の時でもすでに本物の歯を使って実習を行う事が減りつつあった状態です。

 

しかし、現在でも抜歯した歯を廃棄せずに消毒して保管している医院はしばしばあるため、

プラスチック製の歯とは違った目的で保管がされています。

 

基本的に抜歯した歯は医療廃棄物として処理しますが

そういった理由から一部の歯医者さん、

特に年配の歯医者さんでは抜歯した後の歯を保管している事もあるのです。

 

今のプラスチック製の歯がなかった昔の習慣なのかもしれませんが

現在では歯により近い感触を持った模擬の歯が作られるようになってきたので

このような抜歯した歯を保管するという医院も段々と減ってきています。

親知らずの抜歯をする際に歯の根を残す事があります。

抜歯の際に歯根の一部が折れて残ったり

またはあえて初めから残すといった状態まで様々です。

 

歯根を残す場合

親知らずの抜歯の基本は歯根も含めて全て抜歯を行う事ですが、

抜歯の際に歯根が折れる事もあります。

そういった場合でも残った歯根を取り除きますが

歯根が下歯槽管に入っていたりまたは近かったり、骨と癒着しているなど

歯根を取り除く上で取り除く事自体がリスクとなる場合は

あえて取り除かない場合があります。

 

特に残った歯根を取り除く事が下歯槽神経へのダメージを予測させ

親知らずの神経自体には感染が起きていない場合は

歯根を残す事よりも取り除くこと事の方がリスクとして上昇する可能性があるので

そういった場合は必要に応じて歯根を残す事があります。

 

最初から歯根を残す場合

歯根を抜く事が明らかに下歯槽神経にダメージを与える事が予想されたり

歯根が硬い骨に強固に囲まれている場合といった

歯根を取り除く上で様々なリスクとなる事が初めから予想される場合

歯根を取り除かずに歯冠だけを取り除くコロネクトミーを選択する事があります。

 

コロネクトミーの場合は最初の抜歯計画の時点から歯根を残す事が決まっており

基本的に術中に歯根を残すか取り除くかは決定はしません。

コロネクトミーを行った際は歯冠と歯根の断面が抜歯窩に露出するため

その部位での治癒が遅れる事があります。

 

通常だと骨面に沿って血餅が形成されてその部位に結合組織の新生が起きて次第に治癒をしていきますが

コロネクトミーを行った歯の断面では血餅の形成や組織の新生がなかなかできずに

抜歯窩がなかなか埋まらない事もあります。

そういった場合でも基礎疾患など特別な理由がなければ

次第に回りから組織が増生していき抜歯窩が埋まっていく事となります。

 

ただし、抜歯窩に汚れがたまり続けると

抜歯窩が感染を起こす事もあり

抜歯後の感染を起こした場合はさらに治癒が遅れる事もあります。

 

基本的には親知らずの抜歯では歯根も含めて全て抜歯を行うのですが、

様々なリスクや要素を総合して歯根を全て取り除く事がベストな選択肢なのかという事を判断していく事も大切となります。

 

歯根を残した後に歯根の位置が変わり再度歯根に対して抜歯の手技を行う2回法という手技もありますが、歯根が残った状態で問題なく経過している場合はそのままの状態にしておく事もあります。

どの方法が必ずベストというわけではなく親知らずの状態に合わせた治療法の選択が大切となってくるのです。

池下の阿部歯科では親知らずの抜歯に関する様々な情報をお届けしています。

 

虫歯になって歯の神経が感染した際に根管内が虫歯になり

根管内カリエスという状態になる事があります。

根管内カリエスでは歯の外側ではなく内側が虫歯になっている状態です。

 

根管内カリエスは治癒が難しくなる

歯の神経が感染して処置をする際に

感染物質を取り除いて治癒をさせる必要がありますが、

根管内カリエスの状態では歯の内側の根管内に感染巣がある事になります。

歯根の象牙質には象牙細管という細かい管が走っており

その中に細菌が入ると取り除くのに

物理的に取り出すか化学的に消毒するかをしていく事となります。

 

根管内カリエスでは内側の象牙質が虫歯になって感染巣をつくると共に

象牙細管にも細菌が侵入しているため

どれだけこの根管内にできた虫歯を取り除くかが焦点になりますが、

虫歯になって溶けた象牙質は無機質を失いコラーゲン線維などが残っている状態なので

虫歯の進行具合によっては歯根内がドロドロに溶けてしまっている場合もあります。

 

このような根管内が虫歯になって象牙細管に細菌が侵入するという状態や

歯根内がドロドロに溶けてしまっている状態は

歯の根の中を掃除する上で感染巣を取り除く障壁となるため

根管内カリエスの状態では予後が不良になると言われています。

 

根管内カリエスになった歯は残す?

根管内カリエスになった歯は予後不良になるといわれていますが、

それでも症状がおちついており支えとして使える場合もあります。

歯が内側からドロドロに溶けて歯管内の壁がペラペラになってしまっているような場合は

歯の支えにできない事もしばしばありますが、

歯管内が慢性う蝕の状態で硬組織がある程度しっかりしていて

なおかつ症状が落ち着いている場合には

可能な限り感染巣を取り除いて歯を残すという選択肢を選ぶ場合もあります。

 

一方で根管内カリエスの状態で感染巣を取り除く事が難しく

膿が出たり腫れたりといった症状がいつまでも続く場合は

症状が慢性化して固定してしまう前に抜歯を選択する場合もあります。

 

根管内の感染は感染を取り除く事で症状を落ち着かせる事を目指しますが

このような根管内カリエスといった感染巣を取り除く事自体が難しくなっている場合は

可能な限り感染巣の除去と消毒を行いその上で症状がどれくらい落ち着くかを確認していく必要があります。

 

症状が慢性的に持続する場合は歯槽骨自体を溶かし続ける事もあるため、

どのような選択肢を選んでいくかを考えながら治療をすすめていく事も大切となります。

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯以外にも様々な治療に対応していますのでお気軽にご質問ください。

小臼歯には中心結節という突起が現れる事があります。

この中心結節はしばしば尖ったような突起のような状態をしていますが、

この中心結節がある事自体は問題ありません。

しかし中心結節があるかどうかには注意しておかないといけない点も存在します。

 

中心結節で噛む小臼歯

小臼歯に中心結節が現れた場合はこの中心結節の部位で歯が噛み合う事が多くあります。

中心結節は小臼歯の嚙み合わせの真ん中に近い位置に現れ

歯と歯を噛んだ時にこの部位で噛み合う事になります。

この中心結節の中には歯髄の一部が含まれている事もあります。

 

そのため、中心結節が噛み合っている際に摩耗してきたり

または折れてしまったりする事がありそれによって症状が出る事もあります。

 

中心結節が摩耗したり折れたりした際に象牙質が露出すると

知覚過敏のような冷たいものや熱いものにしみたりする症状が出る事があり

折れた際に歯髄が露出する場合には歯の神経が口腔内の感染にさらされるようになる事もあります。

小臼歯の中心結節自体には問題はないのですが

中心結節の摩耗や破折によって偶発的に起きてくる可能性のある症状には注意を払う事が大切となってきます。

 

中心結節の注意

突然に折れたりする可能性のある中心結節に関しては経過を見ていく事が大切となります。

特に急に中心結節が折れた際にはどのような場所で折れるかも分からないため

折れる事が予想される場合はあらかじめ折れにくいように形を修正するというのも一つの方法となります。

 

さらに中心結節が折れて歯髄が出てしまった場合にそのまま歯の神経まで感染がすすむと

中心結節の破折によって歯の神経の治療をしないといけないという場合もあります。

中心結節があれば必ず摩耗や破折が起きるというわけではありませんが

中心結節の中が

エナメル質だけなのか

エナメル質と象牙質をふくんでいるのか

エナメル質と象牙質に加えて歯髄組織もふくんでいるのか

といった状態によっても破折した際のリスクが変わってくる事となります。

 

エナメル質だけで中心結節が構成されている場合は折れたとしても知覚過敏や神経の症状が出る確率が減るものの

歯髄組織を含んでいる場合には破折の際に神経の一部がむき出しになってしまうといった状態を引き起こす事もあります。

 

そのため、小臼歯に中心結節が確認できる場合には中心結節が折れそうか、またはすでに折れているのか、症状は出る可能性があるのか、中心結節の破折によって症状が出ているのかといった様々な事を確認していく事が大切となります。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯のだけの情報にとどまらず歯の治療に関わる様々な情報を幅広くお届けしています。

抜歯をする際に手技を難しくする要素に骨性癒着(アンキローシス)の存在があります。

骨性癒着とは歯が骨に癒着して一体化している状態ですが、

この状態になっていると抜歯の難易度が上がります。

 

骨性癒着の見分け方

骨性癒着は炎症や外傷などさまざまな理由で起きる可能性がありますが、

共通して確認できるのは骨と歯の境界がなく一体化しているという点です。

この状態になると歯は動く事がなく骨とがっちりとついている状態にあります。

骨改造によって歯根が置換性吸収を受けると同時に

骨へと置き換わる事でこのような状態になります。

 

骨性癒着の状態では歯根膜が失われているので歯と骨の間に歯根膜腔が確認できず

レントゲンで骨と歯の境界もあいまいな状態として確認できます。

歯根膜が一部残っている場合もあり

そのような場合は歯根膜腔の連続性を確認すると共に白線や骨硬化像など

様々な所見を確認して骨性癒着しているかを確認します。

 

しかし、その中でもやはり歯根膜腔の連続性を確認するという事が

骨性癒着の可能性を予測する上で大切となります。

 

骨性癒着している場合の抜歯

骨性癒着している場合は歯と骨が一塊となっているため

抜歯をしようとする際に歯が動きません。

ヘーベルや鉗子をかけて歯を動かそうとしてもびくともせず

逆に骨性癒着が疑われる場合は、

抜歯の手技を開始する際に歯が動くかどうかという事を確認する事が大切となります。

 

歯が少しでも動く場合は骨性癒着をしていないと判断できますが

歯が全く動く事がない場合は抜歯手技前に骨性癒着が疑われる場合は

骨性癒着している歯に対する抜歯手技へと手順を変える必要があります。

 

骨性癒着した歯の抜歯

骨性癒着している歯では通常の抜歯のように

歯を動かして抜歯しようとしても抜けてこないので

骨性癒着をしている部位を削除して削り取るようにして抜歯をする必要があります。

 

そのため、骨性癒着していると判断したら

ただちに癒着部位の切削を開始して抜歯をすすめていく必要があります。

 

骨性癒着している部位が削除できれば通常の抜歯のように歯を抜く事ができる場合もありますが、

歯根が全体的に骨性癒着している場合はほとんど削り取るようにして抜歯してこないといけない場合もあります。

 

歯と骨の境界があいまいな場合は不必要に骨を削って骨髄を痛めてしまう場合もあるため、

必要な分のみを削除して抜歯を行うようにする事が大切となります。

基本的には感染源となる部位を取り除く事が必要となるため、

骨性癒着している歯で必要以上に削除を行うという場合は治癒が遅れる事もあるため注意が必要となります。

 

今池からすぐの阿部歯科では一般歯科治療に加えて口腔外科に関する治療にも対応しています。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE