親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

抜歯をする際には対象となる歯が骨とくっついてしまっている場合があります。

骨性癒着、またはアンキローシスと呼ばれる状態なのですが、

このような歯に対する抜歯の際には注意点がいくつかあります。

 

骨性癒着すると何が問題なのか?

抜歯をする際に問題となる骨性癒着は

歯と骨が癒着をしているという点に大きな問題があります。

このような場合には歯を抜歯しようとしても

うまく骨から歯が取れずにガチガチについてしまっているからです。

 

その場合は通常のように抜歯をするのではなく

むしろ歯と骨を削り取るようにして取り出してくる必要が出る場合もあるのです。

 

骨性癒着の予知性は治療をする前のレントゲンでもわかる事があります。

通常、歯は歯根膜という組織を介して骨についているので

この歯根膜が失われた時に歯と骨が癒着をします。

 

レントゲンでこの歯根膜が確認できない場合

もしくは歯と骨が一体になっているように見える場合は

骨性癒着の可能性が出てくるため単純に抜歯をするのではなく、

歯や骨を削り取るようにして抜歯をしないといけないかもしれないと

あらかじめ予見をする事ができる事もあります。

 

どうして骨性癒着するのか

骨性癒着する原因は様々ですが

外傷や炎症により歯が吸収すると共に骨と一体化したり

怪我などによって歯が抜けてしまった時に再植した後に起きたりする事があります。

 

骨性癒着している場合はしばしば慢性の炎症を繰り返している事も多いため

炎症により骨自体も硬くなっており

さらにそこに歯が癒着しているので

歯を抜歯しようとした場合にも歯がビクともしないという事もあります。

 

骨性癒着をする歯はしばしば崩壊していたりダメージを受けているので

そういった意味においても抜歯の難易度を上げる要因となるのです。

 

親知らずに骨性癒着が起きたら

親知らずの抜歯においても骨性癒着に出くわす事があります。

親知らずが骨性癒着をしている場合は歯の埋まっている位置にもよりますが

抜歯が非常に困難になる事もあります。

 

親知らずの歯根と骨の境界があいまいでほとんど一体化しているような場合もあります。

そのような時に歯根が神経に近いような場合は

歯根を削り取って抜歯してくるのはリスクがあがるため

親知らずの抜歯が本当に必要なのか歯根まですべて抜歯しないといけないのか

といった要素を考えた上で抜歯を計画していく必要があります。

 

骨性癒着はしばしば年齢の高い人に見られるため

そういった意味でも将来的に親知らずの抜歯などが必要になると思われる時は

早め早めに歯科医院を受診してどのようにしていくかを決めていくといいかもしれません。

 

親知らずの抜歯などで心配事がある場合は今池からすぐの阿部歯科にご相談ください。

抜歯は永久歯の他にも

乳歯で行われる事があります。

 

乳歯で行われる抜歯の理由は様々で

永久歯に生え変わる直前でグラグラしているから

虫歯が極端に進み修復処置ができないから

矯正のための抜歯

など様々です。

 

永久歯に生え変わる直前の抜歯

乳歯が永久歯へと生え変わる頃になると

乳歯の歯の根(歯根)の吸収がはじまります。

 

乳歯の歯根の吸収がすすむと

歯がグラグラすると同時に

歯の中の神経も線維性の結合組織に置き換わっていきます。

 

歯の神経は触るとすごく痛いのに

乳歯が抜ける時は

少し痛さを感じるものの

そこまで極端に激痛が走るわけではない

というのはここに理由があります。

 

それでも

グラグラした乳歯があると

食事の際に当たって歯肉が痛い

などの理由でいっそのこと抜いてしまう事もあります。

 

抜く時は

歯科医院に行って抜く場合

家族の誰か、もしくは自分で押して抜いてしまう場合

などがあると思いますが、

 

家族の誰かに抜いてもらう場合は

あとどれくらいで抜けそうなのか

抜きそこなった場合はどうするか

などの問題もあるので

あまりお勧めはしません。

 

やはり、

歯科医院を受診して

あとどれくらいで抜けそうなのか確認をしてもらい

その上でどうするかを

決定した方がいいでしょう。

 

虫歯が極端にすすんで修復処置ができない

乳歯で歯の頭が完全に崩壊するくらい

虫歯がすすんでしまった場合は

歯を治す事ができない事もあります。

 

その様な場合は

他の歯や後から生えてくる永久歯に影響が及ばないように

いっその事抜いてしまうという選択肢もあります。

 

ただし、

抜く時期によっては

永久歯が生えてくるまで時間がかかり

その開いた空間をどうするかを決定する必要が出る場合もあります。

 

永久歯が生えてくるまでまだまだ時間がかかる場合は

その空間が閉じてしまわないように

確保する必要がある場合があります。

 

空間を確保する事を

保隙といい、そのために入れる装置を

保隙装置と言います。

 

この保隙装置も必ず必要という訳ではなく

永久歯が生えてくるまでのタイムラグなど

様々な要因を考えた上で入れるかどうかを決定していく必要があります。

 

矯正治療のために抜歯する乳歯

歯の生え変わりの時期を利用して

歯の連続抜去をする事があります。

 

その際には乳歯の抜歯や

その後の永久歯の抜歯などを順序立てて

矯正治療へとつなげていく事があります。

 

この連続抜去も

矯正治療の計画立てなど

様々な要因が絡んできますので

しっかり治療計画を立てたうえで行っていく必要があります。

 

連続抜去では

乳歯を抜歯しつつ永久歯の萌出を行い

空間を調整しながら治療をすすめ

必要に応じて永久歯も抜歯するなどの治療を行いますが、

 

何度も抜歯を行うため

子供にとってはやや負担が出る部分もあります。

しかし、

連続抜去法も適切に行えば

非常に有用な治療方針なので

連続抜去による治療を行う際は担当医の先生からよく話を聞いておくといいと思います。

 

池下の阿部歯科では抜歯に関する様々な情報を数多くお知らせしています。

抜歯に似た処置に

破折片の除去という処置があります。

 

破折片の除去とは

何らかの理由で歯の一部

もしくは歯の大部分が割れてしまい

歯として機能せず、

尚且つ修復処置もできない場合に行われる事があります。

 

歯の一部が割れた

歯が虫歯などによって

歯が欠ける事があります。

 

欠けた際に口の中から

ポロっと取れる場合ではなく

欠片の一部が歯肉についてしまって

そのまま口の中に残る場合があります。

 

そのような場合は

欠片が中途半端に口の中にとどまり

グラグラする事で食べ物を噛んだ際に

当たって痛いといった状態になる事があります。

 

歯の欠片が残る事で

清掃性が悪くなり

プラークがたまる原因になる事もあります。

 

これらのような状態の時は

麻酔を打って破折片を取り除く事がありますが、

破折片の除去は比較的浅い麻酔でできる事が多いです。

ちょうどグラグラになった乳歯を抜く感覚に近いです。

 

破折片は歯の頭(歯冠)以外にも

歯の根(歯根)に対して行われる事もあり

歯根の破折片除去の場合は

歯を支える骨(歯槽骨)に深く入ってる事もあり、

この際は歯冠の欠片を取る場合と比べて

深めの麻酔をする必要が出てくる事があります。

 

歯の大部分が割れた

歯の小さな欠片の他に

大部分が割れてしまう事もあります。

 

歯の一部が残せて修復処置が行える場合は

その部位を残して

他の修復処置できない欠片を取り除く事があります。

 

この場合も

破折片の除去を行うのですが、

一部だけが割れた限局的な破折片の除去とは違い、

大きな破折片を除去する事になるので

抜歯に近い状態になる事もあります。

 

破折片を除去した後に

残った歯に修復処置が行えない場合は

そのまま抜歯の処置へと移行する事もあります。

 

一部残った歯に修復処置を行えずに

そのまま放置すると

その部位が感染源となる事もあるため

その際は抜歯を行う事もあるのです。

 

破折片を除去した後

歯の欠片を除去して

傷口も綺麗に治った後には修復処置を行います。

 

破折片除去後の修復処置

通常の虫歯の際の修復処置と同じものから

歯根の一部を利用しての修復処置など

歯の状態によって様々です。

 

歯の破折が非常に限局的な場合は

詰め物などで治せる事もありますが、

歯の大部分が割れてしまい

かろうじて一部残った歯根が利用できる場合は

他の歯と連結して歯冠を作ったり、

むしろ

あえて歯冠を作らずに

歯の根をそのまま残して

感染しやすい部位に蓋をする

根面板という状態にする事があります。

 

どのような処置をする場合でも

歯の破折によって歯の一部が割れてしまった場合は

その部位がどのような状態になっているのかを確認した上で

どのような処置を行っていくの決定していく必要があります。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯や抜歯しないといけなくなってしまう原因やその治療法についても様々な情報をお届けしています。

親知らずを抜歯した後に

出血が続くなど心配な事などがあると思いますが

事前にどのような経過をたどるかなどを知っていると不安が減ると思います。

 

親知らずを抜歯した後

親知らずを抜歯した際に

歯茎を切ったり骨を削ったりすると

治療後の出血という点で不安になる事があるかもしれません。

 

骨を削った際には

皮質骨を削って骨髄まで到達する事がしばしばあるので

持続的な出血が出る可能性もあります。

この際に縫合をしていると

出血が中にとどまり止血しやすい傾向もあるのですが

腫れという点においては縫合する事で腫れやすくなる可能性もあります。

 

その際の腫れは炎症だけでなく

出血がたまる事による腫れも含まれるので

その事も考えて縫合をどのようにするかを考える事もあります。

 

親知らずを抜歯した後に縫合を行い閉鎖創にすると

出血は止まる傾向があるが腫れる傾向もあがる

 

親知らずを抜歯した後に縫合をしない、

もしくは一部を縫合するが開放創とした場合は

出血は出続ける傾向があるが腫れが弱くなる傾向がある

 

という特徴があります。

 

親知らずを抜歯した後に腫れてきた

抜歯後の傷の炎症や出血がたまる事による腫れなどの他に

抜歯した部位が細菌感染を起こした場合にも腫れが出てくる事があります。

 

炎症による腫れと痛みのピークはおおよそ2~3日目となりますが、

感染を起こしたりドライソケットといった偶発症が起きた場合は

痛みが引き続き起きる事もあります。

 

他にも基礎疾患などの理由で治癒が遅れる場合も

抜歯窩治癒不全などの状態になりますが、

糖尿病でコントロール不良の場合などは治癒が遅れる傾向もあり

感染も起きやすくなる事があります。

 

抜歯した当日の激しい運動や長湯はやめる

抜歯した当日は抜歯窩にまだ出血が続いているので

激しい運動や長湯によって血流をよくしすぎると

固まりかけた部位から再び出血がしてくる事もあります。

 

そのため、

抜歯した当日は軽いシャワーくらいをあびるにとどまり

血圧が上がりすぎる行動や飲み物

例えばアルコールなども控えた方が良いです。

 

抜歯した後の行動にそれらの注意点があるので

親知らずの抜歯の際には

当日、さらには次の日も安静にしていられる日を抜歯の手術日にすると良いでしょう。

親知らずが深く、

骨を削る量が多く予想される場合は

次の日だけでなく少し長めに安静にしていられる日を抜歯の手術日に選ぶなど

日にちを調整するといいと思います。

 

出血が止まりかけた際には

血流をよくしすぎて再出血しないように

安静にして過ごす事が治癒の早道となるのです。

 

池下にある阿部歯科では幅広く治療の相談をお受けしています。

患者さんの中には様々な理由で

親知らずを抜歯しないといけない方もいます。

 

しかし、

抜歯をした後に親知らずが腫れると聞くし怖いと思うかもしれませんが、

でも抜かないといけない

そういった時にどういう親知らずが抜いた後に腫れやすいのか

という事を知っていると気が楽になるかもしれません。

 

20代の方の親知らず

親知らずの抜歯の難易度や抜歯後の腫れ方には

年齢で大きな差が出てきます。

 

まず、親知らずを抜く事になった時に

20代という年齢では

考え方によっては抜歯に理想的な時期です。

顎の骨の硬さを考えた場合20代では骨が柔らかくしなってくれるので

抜く難易度が一つ下がります。

 

さらに親知らずが縦に生えている

といった場合も難易度が下がります。

 

そのため、

親知らずを抜かないといけないけど

20代で、

歯が埋まっておらず縦に生えていて

虫歯でボロボロになっていない

という場合は色々な項目において親知らずの抜歯の難易度が下がっていると言えます。

さらに部位が上の親知らずだった場合はさらに難易度が下がります。

 

もしも

親知らずが腫れて痛い

といった場合でもこのような状態が当てはまっている場合は

20代の顎の骨が柔らかいうちに親知らずを抜いておくと楽になるかもしれません。

 

30代の親知らず

30代に入ってくると段々と顎の骨が硬くなってきます。

顎の骨の硬さは親知らずの抜歯において

非常に重要な要素の一つで

親知らずの抜歯をする事になった場合、

生え方と共に年齢という要素は必ず見る項目の一つとなります。

 

ですが、顎の骨が硬くなってきたとはいえ

30代はまだまだ骨が硬くなりきる前なので

親知らずを抜く場合はこの時期の間に決心をするのがよいかもしれません。

 

40代の親知らず

40代に入ってくると大分顎の骨が硬くなっているのが実情です。

実際には40代で親知らずの抜歯を希望する患者さんは多くはありませんが、

それでも、

どうしても親知らずを抜歯しないといけないという場合は

時期を調整した上で、

少しでも早く抜歯を計画した方が好ましいかもしれません。

 

50代以降の親知らずの抜歯

患者さんの中には

50代で親知らずが腫れたり、

虫歯になったりなどの理由で

親知らずを抜こうかと考える患者さんもいます。

 

50代になると顎の骨はがっしりしており、

もしかしたら最も顎の骨が硬くなっている年齢かもしれません。

できれば、

親知らずを抜かないといけないという状態になる前に

可能な限り親知らずが腫れたり虫歯にならないようにケアしてあげる方が良いとなるので

50代以降で親知らずが残っている方は

親知らずのケアに注意されることをおすすめします。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯など様々な歯の悩みに対応していますのでお気軽にご相談ください。

親知らずは他の歯と比べて退化傾向にありますが、

その退化傾向は人種によっても様々です。

 

上顎臼歯の退化傾向の分類

大臼歯の嚙み合わせの面(咬合面)には

主要な4つの山(咬頭)があります。

それぞれに

近心頬側咬頭(頬側の前側)

近心舌側咬頭(舌側の前側)

遠心頬側咬頭(頬側の後側)

通心舌側咬頭(舌側の後側)

と名付けられています。

 

その中でも上顎大臼歯の退化傾向は

遠心舌側咬頭(舌側の後側)の大きさに最も現れると言われています。

 

そのため、上顎の臼歯の退化傾向を

4 :遠心舌側咬頭に全く退化傾向がないもの

4- :遠心舌側咬頭が退化しているものの、その場所に位置しているもの

3+ :遠心舌側咬頭が明らかに退化して位置がずれて押しやられているもの

3 :遠心舌側咬頭が完全に消失したもの

という分類がされる事があります。

 

上顎親知らずの退化傾向

親知らずの退化傾向は他の臼歯と比べて著明で

人種を分けて見てみると

 

エスキモー

分類4がおよそ3割、

分類3がおおよそ7割、

 

インディアン

分類4がおおよそ1割、

分類4-がおおよそ1割、

3+がおおよそ1割、

分類3がおおよそ7割

 

白人

分類4がおおよそ2割

分類4-がおおよそ2割

分類3がおおよそ6割

 

と、様々な人種で幅広く親知らずの退化傾向が認められます。

 

日本人においても親知らずの退化傾向は著明で

他種族と比べると比較的その退化傾向が強いと言われています。

 

歯の頭(歯冠)は後ろの歯ほど退化して小さくなる

歯冠の厚みは後ろにいけばいくほど押しつぶされるように小さくなります。

第一大臼歯よりも第二大臼歯の方が

前後の幅(近遠心径)は小さくなり、

 

親知らず(第三大臼歯)ではさらに前後の幅が小さくなり

第二大臼歯と比べて横幅(頬舌径)も小さくなります。

 

それに伴って

咬頭も段々と小さくなり

ついには消失して退化形の歯の形となっていきます。

 

程度の差が大きい退化の傾向

第一大臼歯から第三大臼歯へかけての退化の程度は

個人差や人種的な差が非常に大きく

原始形を保持した民族や種族ではこの退化傾向が

非常に弱くなる事は周知の事実とされています。

 

このように、

上顎の各大臼歯間の形態的差異は

退化の程度の差異と言えるところがあり、

その差も個人差が非常に大きいのが現状です。

 

そのため、

1本の上顎大臼歯を見て

それが何番目の歯かと判定するのは難しい部分もあります。

 

そして、その判別には

絶対的基準というものが存在しないため、

親知らずというのはあくまでも

大臼歯が退化傾向を見せた歯という状態になります。

 

親知らずは腫れたりするその臨床症状から

ある程度特別視されていますが、

別名、第三大臼歯と呼ばれるように

あくまでも第一大臼歯、第二大臼歯に続く第三の大臼歯という事で

他の大臼歯と分類的には一緒にされるのです。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯などに関する様々な情報をお届けしています。

親知らずの退化傾向は上顎にも下顎にも見られますが

上顎の親知らずの方が顕著に退化傾向が認められる事がしばしばあります。

 

しかし、

下顎の親知らずにおいても退化傾向はみられ、

その傾向は人種間でも様々です。

 

親知らずの退化傾向

下顎の親知らずは第一大臼歯、第二大臼歯が退化形を示したものですが、

下顎の大臼歯は典型的には5咬頭(歯の噛む面の山が5つ)になります。

 

退化傾向を示すごとにこの咬頭の数が減り、

5咬頭から4咬頭へとその数を減らします。

 

しかし、下の親知らずは時としてその退化形として逆にその大きさが大きくなる

巨大歯の形態異常を取る事もあります。

 

下顎大臼歯の咬頭の数は通常では5咬頭ですが、

時として6つめの咬頭を作り6咬頭となる事もあります。

この6咬頭が出現する頻度は日本人では

 

第一大臼歯がおおよそ17%

第二大臼歯がおおよそ17%

第三大臼歯(親知らず)がおおよそ20%

 

退化傾向を取る親知らずにおいて逆に咬頭の数が増える事があります。

この事も巨大な歯の形を取る巨大歯が退化傾向を示す1形態であるという事が分かります。

 

人種によって違う親知らずの咬頭数の傾向

親知らずの退化傾向は人種によって差が大きいという特徴があります。

 

日本人では

4咬頭がおおよそ5割

5咬頭がおおよそ5割

と半々を示していますが、

 

白人では

4咬頭がおおよそ6割

5咬頭がおおよそ4割

 

黒人では

4咬頭がおおよそ2割

5咬頭がおおよそ8割

 

中国人では

4咬頭がおおよそ5割

5咬頭がおおよそ5割

と日本人と似ており

 

原住民では

4咬頭がおおよそ1割

5咬頭がおおよそ9割

 

咬頭の数が多い方が原始形を表す傾向にあります。

しかし、

6咬頭の形態異常の傾向を見ても

退化傾向を示す下顎の親知らずにおいて逆に咬頭の数が増えたり

小さくなるのではなく逆に巨大になったりと

原始形と退化傾向が似通った傾向を示すという特徴があります。

 

この傾向は上顎の親知らずとは逆で

上顎の親知らずが常に小さくなる事で退化傾向を示すのに対して

下顎の親知らずは大きくなる原始形を取りつつ退化傾向を示すという不思議な特徴があります。

 

下顎の親知らずは上顎の親知らずと比べて咬頭の数も多く、

その形態的な変化も様々なものを見せます。

 

歯の咬頭を分ける溝においても下顎の大臼歯は分類が細かくされ、

咬頭の数の変化と合わせて5種類の形態的な分類がされます。

 

この点においても、下顎の親知らずでは咬頭と溝において大臼歯が複雑な形態を示し、

その複雑な特徴が上顎と下顎における退化傾向の差異に繋がっているのかもしれません。

親知らずの抜歯でお悩みの際は池下の阿部歯科にご相談ください。

親知らずにも他の歯と同様に虫歯ができる事があります。

親知らずは歯列の一番奥に生えるため

清掃性が悪くなりやすく

その結果、親知らずにプラークがたまり虫歯になってしまう事もしばしばあります。

 

親知らずの虫歯を直した後

虫歯になってしまった親知らずを

抜歯せずに

修復処置や補綴処置で治した後に注意しないといけない事は

やはり今後再び虫歯にならないようにする事です。

 

親知らずは歯ブラシでも磨きにくい場所にあるため

治療が終わった後も

やはり歯ブラシで磨きにくいという状態は残ってしまいます。

 

治療によって歯の位置がかわるわけではないので

こればかりはやはり変えるのが難しい点があります。

 

そのため

意識して親知らずを磨くようにするという事が

大切となります。

しかし、

親知らずは自分では非常に見にくい場所にあり

実際によく磨けてるか確認が確認するのが非常に難しいという事情もあります。

 

親知らずの歯磨きは歯ブラシだけでいい?

親知らずは磨きにくいという事情があるため

歯ブラシだけではやはり歯磨きが不十分な可能性があります。

 

親知らずだけに限らず

他の歯に関しても言える事なのですが

歯ブラシの他にも

デンタルフロスや

歯間ブラシなどの清掃器具を使って

なるべく細かい部位まで磨くように意識するといいと思います。

 

それでも親知らずが虫歯になってしまったら

意識して親知らずを磨くようにしても

それでも再び虫歯になってしまう事もあります。

その様な場合は再び治療をして治した後も

再度虫歯になってしまうかもしれません。

 

そういった場合には

抜歯を選択するという方法もひとつかもしれません。

しかし、

親知らずをどのように処置したいかを考えた上で

今後どのようにしていくかを決める必要があります。

 

横に生えている親知らずは虫歯になりやすい?

虫歯が清掃不良によるプラークの停滞によって起きる事を考えると

横に寝てしまっている親知らずは

どうしても歯ブラシの届かない部位が出てきてしまうので

通常通り歯が縦に生えている親知らずよりも

虫歯になりやすい傾向が出てしまいます。

 

このような親知らずの場合は

デンタルフロスで汚れを取る事も難しく

歯間ブラシもなかなか入り辛いという事情があります。

そのため、現実的な対応策としては

可能な限り歯を磨き定期検診を受けて

それでも虫歯がすすんでいくようだったら

痛みが出ない間にいっそのこと抜歯をしてしまう

という選択肢が現実的かもしれません。

 

ただ、

そのような親知らずが虫歯になった場合でも

修復処置をして可能な限り親知らずをもたせるという処置が行われる事もあります。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯に関して様々な情報をお伝えしておりますので、ぜひご相談にお越しください。

歯を抜く道具には様々な器具がありますが、

その中に抜歯鉗子という器具があります。

 

抜歯鉗子は歯をつかんで抜歯するための器具なのですが、

よくイメージとしてペンチのような絵が漫画などにえがかれる事があります。

 

形自体はペンチとは全く違っており、

歯をうまくつかむため、つかむ部分は歯の形に合わせて湾曲しています。

 

抜歯鉗子の形

持ち手はペンチに近い形をしており、

そのため、漫画などではペンチとして描かれる事があるのかもしれません。

 

歯をつかむ部分は平らではなく、

歯の形に合うように湾曲していますが、

歯は、

・前歯

・小臼歯

・大臼歯

で様々な形をしているため、

それぞれに合わせた形の抜歯鉗子が用意されています。

 

さらに上顎と下顎でも歯の形は違い

さらにペンチのつかむ部分も上下逆になるため、

上顎用の抜歯鉗子と

下顎用の抜歯鉗子にそれぞれ分けられており、

抜歯鉗子自体はその形と歯をつかむ部分を見れば判別できます。

 

さらに歯の頭(歯冠)の部分がなくなってしまった歯のために

残根用の抜歯鉗子(残根鉗子)という特別な抜歯鉗子も存在します。

 

抜歯鉗子の使用用途

抜歯鉗子は歯をつかんで抜歯するため、

基本的には歯冠が残っているか、歯根が残っていれば使えます。

 

しかし、

虫歯が極度にすすんでいて歯冠や歯根が崩壊しかけていたりする場合、

抜歯鉗子でつかんでしまう事でバラバラになる可能性があるため、

そのような歯をつかむ事でバラバラに割れてしまう事が予想されるような場合には

あまり用途として向きません。

 

さらに、

親知らずの水平埋伏のような歯をつかむ事自体が困難な場合は

その際にもあまり使われる事はありません。

 

抜歯鉗子はつかんで横に倒して抜くだけでなく

ねじるような回転力を加えて抜歯をする事もできるため、

縦横と回転の力を加える事が適当な抜歯において使いやすい場合もあります。

 

さらに、

ほぼ抜歯が完了している際に

最後にしっかりつかんで取り出してくるという目的のために使われる事もあります。

 

抜歯鉗子も抜歯の際には非常に有効な器具の一つですが、

実際には抜歯鉗子ではなく、

挺子(ていし)と呼ばれるドライバーのような道具の方が比較的使われます。

 

抜歯鉗子と挺子を比べた場合、

抜歯鉗子の方が劣っているというわけではなく、

挺子の場合は歯冠や歯根がバラバラになりそうな場合や

バラバラになってしまっていても使えるという点に違いがあるため、

最初から挺子を使うという部分もあります。

 

しかし、

逆に歯を支える歯槽骨がほとんどなく

歯がプラプラの場合は挺子ではうまく力がかからない事があるため、

そのような場合には抜歯鉗子を用いた方がうまく抜歯できる場合もあります。

 

抜歯鉗子の見た目はペンチのように見えるのに加えて、

大きさもペンチくらいあるので口の中にやや入れにくい場合もあります。

しかし、目的によっては抜歯鉗子も抜歯のために非常に有用な器具となっているため、

抜歯の際には大切な器具の一つとなっています。

 

今池で親知らずの心配事がある方はぜひ阿部歯科にご相談ください。

 

抜歯をする際に最もよく使われる器具の一つに挺子(ていし)という器具があります。

挺子はエレベーター(英語)とかヘーベル(ドイツ語)と呼ばれる事もあります。

 

臨床現場では挺子と呼ぶ事よりも

エレベーターか、ヘーベルと呼ばれる事の方が比較的多いように感じます。

 

ヘーベルの見た目は一見マイナスドライバーのように見えますが、

実際には先端は平らではなく、

歯の丸みにあわせた湾曲をしています。

 

挺子(エレベーター、ヘーベル)の見た目

ヘーベルは歯の形に合わせた湾曲を持ったマイナスドライバーのような形をしていますが、

その湾曲と先端の大きさに合わせて1~5の大きさが用意されています。

 

最も良く使われるのは3の大きさで

この大きさを基準に1や5など大きい物や小さい物を使い分けます。

形はまっすぐの直(ちょく)と呼ばれる器具と

少し曲がった曲(きょく)と呼ばれる器具が存在します。

 

直は垂直に力を伝達する場合に向いており、

曲がりは直ではアクセスしにくい場所に使われる事があります。

 

ヘーベルのお尻の部分は大きくなっており、その部分に手のひらを覆うようにのせて

腕からの力を効果的に挺子に伝達できるような構造になっています。

 

ヘーベルの先端は先細りになっていますが、

別のタイプの挺子も存在しており、

別のタイプでは先端が扇状に広がっており、

直や曲はなく直と曲の中間の曲がり方をしている挺子も存在しています。

 

このタイプのヘーベルはテコの力をかける時に力が伝達されやすい事もあり

接触面積が広いため、骨の挫滅も少なく抜歯できる事もあります。

 

これらのタイプはそれぞれで別のタイプとなっており、

術者の好みで使い分けている事があります。

 

挺子(エレベーター、ヘーベル)の使い方

ヘーベルの基本的な使い方は

骨と歯の間にヘーベルを打ち込む

楔(くさび)の作用

 

ヘーベルから歯へと力を伝達する

梃(テコ)の作用

 

が主な使い方となります。

 

ヘーベルのくさびを打ち込む力は基本的な抜歯の手技の一つで、

そのくさびを打ち込む力をうまく伝達できるようにヘーベルのお尻は大きくなっています。

その部分に手のひらから力を伝達させてくさびを打ち込みます。

 

テコの作用も非常に有用ですが、

テコの力は歯の一点に非常に強い力がかかる事があるため、

不用意に使いすぎると歯が割れて逆に抜歯が難しくなる事もあります。

 

くさびの作用は歯の植立方向に垂直にアクセスできる場合に非常に有用で

その植立方向に対して直のヘーベルを打ち込む事で奇麗に力が伝達されやくなっています。

 

臼歯部のような後方の歯に対して直は使いにくくなっていくので

その際には曲のヘーベルを使ったりしますが、

曲のヘーベルの場合もまた、くさびの作用を利用する事ができます。

 

千種区の阿部歯科では親知らずの抜歯のご相談を受け付けていますのでお気軽にお越しください。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE