親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

痛かった親知らずが痛くなくなった

今池からすぐの阿部歯科では親知らずが痛くなったので見て欲しいといって受診される患者さんが多くいます。

そういった患者さんでも、

数日前は痛かったのに現在は痛くなくなったといった方もめずらしくはありません。

そういった際に、痛かった親知らずが痛くなくなった場合にはどうしたらいいのか

といった事で悩まれる患者さんも多くいます。

 

痛かった親知らずが痛くなくなった

親知らずが痛む場合には、その周囲に急性の炎症が起きている

という状態になっていると言えます。

親知らずが腫れる状態では汚れが多くたまって細菌による感染が起きたり膿を作っている

といった状態になっている事が考えられます。

つまり、口の中の汚れによって感染と炎症が起きて

その結果親知らずが腫れて痛くなっているのです。

 

この感染の状況ですが、

汚れのたまり具合も影響しますが、体の免疫力というものにも左右されます。

普段疲れもなく体の調子がいい時には汚れがある程度たまっていて

口の中の細菌が増えようとしていても免疫力によって抑え込んでいる

といった場合もあるのですが、

疲労や体調の不良によって免疫力が落ちた際に

普段は抑え込めていた細菌の増殖を抑え込めずに親知らずが再び腫れてくる

といった事が起きる事があるのです。

 

その場合にどうすればいいのか

元々は汚れがたまりやすく

感染を起こしやすいといった状態があるにも関わらず

体の抵抗力によって細菌の増殖を抑え込めていたものの

何かのきっかけで増殖を抑え込めずに腫れてきたものの

再び体の調子が戻り腫れがおさまってきたといった場合には

体の不調によってまた再び痛みや腫れが起きる可能性があります。

 

一時的には痛みや腫れがおさまっても

根本的な原因自体が取り除かれたわけではないので

また再び腫れや痛みが出てくる可能性があるのです。

特に親知らずの腫れは繰り返せば繰り返すほど

感染を起こしやすくなる傾向にあり、

親知らずを抜く場合に関しても

腫れを繰り返した方がその後の治癒が悪くなる事が多くなります。

 

そのため、

一時的に痛みが引いた場合でも

痛みが引いている間に歯医者さんを受診して

親知らずの周りの汚れの付きやすさ

腫れの繰り返しやすさを診断してもらい

必要に応じてはやめに対処していく事が大切となります。

親知らずが少し腫れて引いたという状態の間はまだいいのですが、

その後に腫れがぶり返してノドの奥まで炎症が広がってしまった場合には

唾を飲み込めなくなったり食べ物がノドを通らなくなったりと

重い症状に発展してしまう可能性があるからです。

 

阿部歯科では今池から多くの患者さんが親知らずの相談にみえられますが、やはり親知らずが腫れたけど今は痛くないといった患者さんも多くいます。

そのような状態でも、腫れがおさまっている間に抜歯を計画していった方がいいという状態の方はやはり多くいます。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE