親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

症状がないうちに親知らずを抜歯した方がいい?

千種区の阿部歯科には親知らずの相談で多くの患者さんが来院していますが、

親知らずを抜歯する理由は様々です。

患者さんでしばしば言われる事が

今は痛くないけれども親知らずを抜いた方がいいですか?

という相談です。

 

親知らずは抜いておいた方がいい?

親知らずが腫れたり痛みが出たり

大きく虫歯になっている場合には抜歯を希望する患者さんが多くいますが、

親知らずがある事自体が心配で

抜歯をした方がいいかどうか悩む患者さんは少なくありません。

将来的に親知らずが痛んだり腫れたりする事が予想される場合には

あらかじめ抜いておいた方がいい事も多くありますが、

そのような症状が出るかどうかはっきりと分からず

虫歯にもなりにくそうな場合に抜歯をした方がいいのか悩まれます。

 

親知らずは抜歯すると抜歯後に腫れるというイメージがあるため

出来れば抜きたくないという患者さんも多くいます。

今までに痛みや腫れが出ていないものの

親知らずに歯肉がかぶっていたり清掃性が悪くなっている場合には

将来的に腫れる可能性があるため

抜歯をあらかじめするという選択肢もあります。

このような判断は患者さん本人ではなかなか分かりづらいため、

歯医者さんを受診して診断を受けた上でアドバイスを求めると良いでしょう。

 

親知らずは抜ける時に抜いておいた方がいい?

親知らずを抜く際には、抜歯をした後の傷が必ずできるため、

比較的余裕のある時期や安静にしていられる時期に抜歯をする事がすすめられます。

年齢によっても抜歯の難易度が左右されるため、

休みがある程度取れたり余裕のある時期で

なるべく早めに抜歯を決定するという事は

患者さん本人にとってもメリットとなる事が多くあります。

 

一方で

やはりなかなか親知らずの抜歯に踏み切るのが怖く

どうしても伸ばし伸ばしになってしまう事もあります。

そういった場合に症状が安定している場合はいいのですが、

いざ急に腫れて痛んできたりといった症状が出た時には

感染のもとである親知らずを抜歯するために

安静にできる時期を選べない事もあります。

 

そのような際にも炎症が強い当日は抜歯をする事ができずに

近日中に炎症が少し治まったタイミングを見計らって

抜歯をするという事が必要となる事があるため、

そういった意味ではなかなか自分のタイミングを選べない事も多々あります。

 

親知らずを抜歯するかしないかは患者さん本人の希望が大きく左右しますが、

痛みや腫れが出ていない時期に自分のタイミングを選んで

抜歯を計画するという事は治癒の面でも良い点が多くあるため、

親知らずが生えているという患者さんは歯医者さんにいって

その親知らずをどのように対処していくのか相談する事もいいかもしれません。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE