親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

嚙み合わせのない親知らずは抜いた方がいい?

池下の阿部歯科に親知らずの相談に来る患者さんの中には

親知らずは痛くないけど出ているので

抜いた方がいいの?という理由で来院される患者さんも多くいます。

親知らずの多くは

痛いので抜きたい、腫れたので抜きたい

といった理由で抜歯をする事が多いのですが、

抜いた方がいいかどうか分からないので相談しに来たという方もいます。

 

嚙み合わせがなくて痛くない親知らずはどうしたらいい?

親知らずに特別に痛みや腫れといった症状が出た事がない場合でも

嚙み合わせがなく、歯として機能していない場合には

抜歯を考えた方が将来的にはメリットが多い場合もあります。

 

親知らずが虫歯になっている、将来的に親知らずが虫歯になるかも

といった理由がある場合には

親知らずを残す事でその部位が虫歯になり

手前の歯に対して悪影響を及ぼしたり

歯を磨きにくくなる事で手前の歯が虫歯になってしまう事もあります。

 

嚙み合わせがなく虫歯になっている、もしくは虫歯になる可能性が高い

と思われる親知らずの場合には

その先ずっと残しておいてリスクとなるよりも

抜歯を選択してリスクを取り除くという考え方も悪くありません。

 

嚙み合わせがなく虫歯もない親知らずの場合には?

嚙み合わせがなく虫歯にもなっていない親知らずの場合にも

親知らずを抜歯しておいた方がいい場合があります。

それは、嚙み合わせがない事で

親知らずが反対側の歯茎に当たって傷になってしまう場合です。

 

嚙み合わせのない親知らずの場合には

親知らずが段々と歯茎から出てきて

その分反対側の歯茎に当たるようになって傷になってしまう事があります。

そういった際に口を閉じるたびに傷に当たって痛いといった症状が出る事があるため、

その様な症状が出ている場合や

もしくは将来的なリスクを考えて抜歯をしておきたいといった場合には

あらかじめ親知らずの抜歯を考えるのも良いでしょう。

 

親知らずを残しておく場合

とりあえず、現在は親知らずを残しておく場合には

虫歯にならないようにする

傷ができてきたら早めに歯医者さんを受診する

といった注意が必要となってきます。

 

親知らずを残す事で将来的にブリッジの支えとする事も可能となりますが、

親知らずの手前の歯が虫歯などで悪くなってしまう場合には

通常であれば親知らず自身はさらに虫歯などのダメージが多くなっている事がほとんどなので

現実としては将来的なブリッジの支えを想定して親知らずを残す事は

あまり現実的ではない事もしばしばあります。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE