親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

親知らずの抜歯を先延ばしにした方が良い場合

千種区の阿部歯科では色々なタイプの親知らずの抜歯を多く行っていますが、

親知らずは様々な理由で抜歯を考える事になります。

その中には親知らずが腫れたといった事から

矯正治療の際に邪魔になるので症状がなくても抜歯を希望する

といったものまで様々です。

 

深すぎる親知らずを抜く場合のリスク

痛みがあったり大きな虫歯ができて

可能な限りはやめに抜歯をするといった場合は別ですが、

何も症状がなく、矯正治療のために抜きたい

といった際に通常通り親知らずの抜歯を行える場合は良いのですが、

時として親知らずがまだ骨の中で出来始めた最中で

親知らずが骨の中に深く埋まっているものの

抜歯を希望する患者さんが来院される事があります。

 

親知らずがあまりに深く埋まっている際には

下の親知らずでは下歯槽神経にダメージを与えてしまったり

上の親知らずでは上顎洞と口の中が交通してしまったり

上顎洞に親知らずを押し込んでしまう

といったリスクが大きく高まる事があります。

 

そういったあまりにもリスクの高い親知らずの抜歯の場合は

オペ室で全身麻酔をした上での抜歯が適応となる事もあります。

その際には入院しての抜歯となりますので、

入院施設のある口腔外科での抜歯となりますが、

それでもやはりリスクは高くなってしまいます。

 

親知らずの抜歯を先延ばしにするメリット

親知らずの抜歯を先延ばしにすると

そういった親知らずの抜歯をする事自体のリスクが高い場合に

いくらか期間をおいて待つ事で親知らずが口の中に出てくる場合もあります。

レントゲンを見た上で親知らずが今後出てくるかを

ある程度判断する事ができる場合もあります。

 

そのような場合に、待つ事で親知らずが出てくる事が期待される場合に

さらに痛みなど症状がない場合には

抜歯の時期をずらして親知らずが少しでも口の中に出てくるのを待つ事で

大きかったリスクを劇的に下げられる可能性もあります。

 

実際には患者さんの希望で抜歯時期を決める事が多くなりますが、

あまりにも親知らずの位置が深く、

全身麻酔をしての全身管理下での手術が必要な場合には

期間をいくらか待ってリスクを下げた上で外来で抜歯できるのであればするか、

もしくはすぐに抜歯を希望している場合には

入院施設があり手術室での手術ができる大学病院といった大きな病院で治療を行う必要が出てきます。

 

まだまだ、発育途上で今後待つ事で出てくる可能性のある親知らずの場合

あまりにも深い親知らずをすぐに抜歯するのではなく

もう少し出てくるまで待つ事が大きなメリットとなる事もあるのです。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE