親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

虫歯が原因で親知らずを抜く場合の注意点

池下の阿部歯科では様々な親知らずの抜歯を行っていますが、

親知らずの状態は患者さんによって様々です。

生え方はもちろんの事ですが、

比較的歯の形が残っている親知らずから、

大きく歯の形が崩壊してしまっている親知らずまで多種多様です。

そして、歯の形がどれだけ残っているかによっても親知らずの抜歯は影響を受けます。

 

虫歯になっているけど歯の頭が残っている親知らず

親知らずを抜く理由の一つで

親知らずが虫歯になってしまっているという理由があります。

特に嚙み合わせに関係もなく、

虫歯になってきているから抜きたい

といった場合にはそれが抜歯する理由となりますが、

歯の頭が比較的奇麗に残っていて通常どおり生えている親知らずの場合には

比較的抜歯が容易になる事があります。

 

歯を抜く際には歯の頭にある程度の力をかける事があるため、

その力によって歯が割れないといった事は

親知らずを抜く際に患者さん側としても楽になるという側面があります。

そのため、虫歯があり、親知らず自体の使い道もない場合は

虫歯がまだでき始めの時でも抜歯をしてしまう事が

患者さんとしても楽で今後の負担を減らせるという場合もあります。

 

虫歯になって歯の頭が大きく崩壊している親知らず

親知らずが通常通り生えていても

虫歯によって歯の頭の形が大きく崩壊している場合もあります。

歯を抜歯する際には、ある程度の力が歯の頭にかかる必要があるため

歯の頭が虫歯で大きく浸食されている場合には、

その力をかけた際に歯の頭がそのまま割れてしまう事もあります。

 

そういった際に、歯の根っこだけになると

抜歯が難しくなってしまう要因となります。

歯の頭が残っている際には、鉗子というペンチのような器具で

歯の頭を挟んで抜く事も可能となり、

梃子(ヘーベル、エレベーター)というマイナスドライバーのような器具では、

歯の根と骨の間の歯根膜の位置をスムーズに確認するために

歯の頭が残っていると有利になります。

 

どちらの器具にしても、歯の頭が残っている事が抜歯を容易にする要素となるため

歯の頭が無くなってしまっていると

抜歯が難しくなる要因となり、その分患者さんの負担が大きくなってしまう事もあるのです。

例としては、歯の頭が完全に崩壊していて器具がどうしてもかけられない場合には

通常どおり生えている親知らずでも

歯茎を切って骨を削るといった処置が必要になる事があります。

 

歯の頭が大きく崩壊している親知らずでは、

基本的に抜歯が選択される事が多くなりますが、

歯の頭がなくなってしまうほど虫歯が進む前に

抜歯を考えたり、残す場合には歯の治療をするといった対処が必要となってきます。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE