親知らずの抜歯や歯周病治療なら千種区の当院まで

Blog

阿部歯科では千種区から多くの患者さんが親知らずが腫れたという事で受診されていますが、

中には食べ物が飲み込めなくなる

唾が飲みにくくなる

といった状態になるまで腫れてしまっている患者さんもいます。

食べ物や唾を飲み込む際に痛み状態を

嚥下痛と言いますが、

親知らずが腫れた際にこの嚥下痛が出る場合には

炎症がかなり進んでいる事を意味するためかなり注意が必要となります。

 

どうして親知らずで喉が痛くなるのか

親知らずが腫れて嚥下痛が出る際には

喉の痛みも出る事が多くあります。

このような痛みは、多くは下の親知らずが腫れた場合にみられます。

親知らずが腫れる際には

最初は周りから炎症が起きて腫れるのですが、

炎症がすすむと次第にその腫れは喉の方へと移動していき

咽頭部に達する事で親知らずの腫れによって

喉の痛みを感じる事となります。

 

喉の奥まで炎症が進んだ親知らずの腫れは非常に注意が必要で、

感染部位に膿が停滞している場合には

切開をして膿を出すといった処置が必要になる事もしばしばあります。

喉の奥まで進んだ感染は

そのまま放置するとさらに喉の奥へと進み

首の方までどんどん感染と炎症が波及していく事もあります。

そのため、嚥下痛が出るというのは

親知らずの感染がかなり進んでいるサインとなるため、

そのような状態の場合には

すみやかに歯科医院を受診する事が大切となります。

 

喉の奥まで親知らずが腫れてきたら

嚥下痛が確認できて

さらに親知らずの周りに大量の膿が確認できる場合には

速やかに切開を行い排膿をする必要があります。

しかし、

感染と炎症が咽頭の方までかなり進んでしまっている場合には

切開による膿の排出だけでは追い付かない事もあるため、

そのような場合には点滴で抗生物質を入れる必要が出る場合もあります。

喉の奥まで親知らずが腫れてくるという状態は

親知らずの腫れとしては危険なサインを示しているため、

そのような状態が確認できる場合には

可能な限り必要な処置を速やかに受ける事がとても大切となります。

 

切開排膿した後には

切開をして膿を出した後には

その後も膿を排出し続けないといけません

そのため、切開を行った部位が閉じないようにしておくとともに

膿をどんどん出し続ける必要があるため、

家に帰ってからも持続的に口の中から血に混じった膿が出続けている必要があります。

 

切開と排膿を行った部位は

感染が弱くなっている事を早めに確認するために

可能であれば次の日に感染の状態を確認して

痛みや腫れがおさまっている事をチェックする必要が出ます。

うまく膿の排出が行われている場合には

劇的に痛みが引く事がしばしばあるため、

切開をするという行為一つで症状が劇的に改善する事もあるのです。

横に寝た親知らずを抜歯する際に

歯肉を切ったり骨を削ったりといった処置が必要になる事があります。

千種区の阿部歯科では多くの骨の中に埋まった親知らずの抜歯をおこなっていますが、

このような親知らずの場合にはそれらの処置がやはり必要となってきます。

これらの処置は単純に歯肉を切っているだけでなく、

骨を削るといった処置を行うために剥離という処置も行う事が大切となるのです。

 

切開の後に行う歯肉の剥離

歯肉を切る場合には、

骨を削ったり歯を分割したりするための術野の確保という目的がありますが、

これらの処置を行う際にはただ単純に歯肉を切っただけでは行えません。

歯肉を切った際には歯肉を骨から引きはがす処置である

剥離という処置を行います。

 

剥離を行わずに骨を削ったり歯を分割したりすると

その際に歯肉も一緒に巻き込んで削れていき

歯肉と骨の間にある骨膜という組織を大きく損傷する事となります。

骨膜は傷の治癒や骨の再生にとても重要な組織で

この骨膜が奇麗に保存されているかどうかで

親知らずの抜歯後の治癒や経過が大きく変わります

 

その他にも骨を削る際には削る部分をよく見える様にするための

術野の確保という目的のためにも剥離操作は大切となります。

これらの、術野の確保、骨膜の保存といった処置が

親知らずを抜歯した後の治癒の過程に大きく影響を及ぼすのです。

 

親知らずの周りにも歯肉が強固についている

親知らずは骨の中に埋まっているというイメージがあるかもしれませんが、

親知らずの歯の頭の部分はしばしば歯肉に強く付着していたり、

歯と骨の間にある組織の歯根膜という組織が歯肉と強く付着している場合が多くあります。

このような場合には骨を削ったり歯を削ったりする際に

この付着している組織の部分が邪魔になりうまく処置ができない事があります。

 

そのため、このような場合には歯根膜線維を切断して

歯根膜付近と歯肉を奇麗に分離していく事も大切となります。

この処置は親知らずが骨の中に埋まってない時や

歯が横に寝てないような場合にも行われる事があり、

奇麗にまっすぐ生えている親知らずでも

この歯根膜線維との付着が邪魔になって歯肉に強くついている場合には

切開を入れてから親知らずを抜歯してくるといった事を行う事もあります。

 

歯肉の切開と剥離をしたら

歯肉に切開と剥離を行ったらその後には縫合を行う事が必要となります。

剥離をした部分には歯を削ったカスや骨を削った粉が残らないように奇麗に洗浄を行い、

切開をした部分には縫合をしていく事となります。

縫合をした部分はおおよそ1週間をめどに糸抜きを行います。

糸抜きを行うまでは縫合している部分が感染してこないように

清潔に保ってもらう事も大切となりますが、

歯ブラシなどでひっかけてしまうと傷がひっぱられて痛みを感じる事もあるため、

縫合をした場合には丁寧に優しく周りを奇麗に保つよう注意しておくと良いです。

親知らずの抜歯をする際には

レントゲン所見と年齢からある程度難易度を予想する事ができます。

今池からすぐの阿部歯科では多くの親知らずの抜歯をおこなっており、

その際にも常に難易度を確認しながら抜歯の計画をたてていきます。

 

年齢は若ければ若いほど骨が柔らかくなります。

骨が柔らかいほど親知らずを抜歯する時には

処置を容易にする要素となりますが、

年齢が低い場合には親知らずの根が完成しておらず

そういった場合には逆に親知らずの抜歯が難しくなります。

 

年齢だけ若ければ若いほど親知らずの抜歯が容易になるという事ではなく、

親知らずの状態と骨の状態のバランスで抜歯の難易度が決定するのです。

 

レントゲンから見る親知らずの難易度判断

レントゲンを見た際に

親知らずの抜歯の難易度が予想する事も大切な事となります。

親知らずが容易になる要素としては

・親知らずが縦に生えている

・親知らずが骨の外に出ている

・親知らずの大きさが大きすぎない

・親知らずの歯の根が単根

・歯の根が曲がっていない

といった要素があります。

 

親知らずの生え方と大きさによる影響

親知らずが縦にに生えて骨の外に出ているといった要素は

親知らずの抜歯の難易度判断の際にはとても大切な項目で

この状態の場合には比較的スムーズに親知らずの抜歯ができると考えられます。

 

しかし、親知らずの頭があまりにも大きい際には

歯の根が骨から比較的簡単に出るものの歯の頭が骨の一部に引っかかって取り出せない

といった状態に陥る事があります。

このような場合には、

歯を一部分割してバラバラにして抜いてくるといった処置が必要となる事があります。

 

親知らずの根っこの状態による影響

親知らずの根は1本の場合の他に2本、3本といった場合もあり、

2本や3本の根を持つ親知らずでは、

歯の根が骨を抱え込んでおり抜きにくくなる事があります。

一方で、歯の根が1本の場合には骨を抱え込んでいる事はすくなくスムーズに抜ける事が多くなります。

 

歯の根は曲がっている事もあり、

曲がった根が骨の中でひっかかって抜きにくくなるといった場合もあるため、

歯の根は曲がっておらずまっすぐになっていると親知らずの抜歯が容易となります。

歯の根が大きく曲がっていると骨の中から歯を抜こうとしても抜けてこずに

抜こうとした際に歯の根の先端が折れてしまう事もあります。

 

しかし、歯の根の先端に感染がなく、

根の先端が噛歯槽神経の近くに位置する場合には

あえて折れた根の先端を抜かずに残す場合もあります。

 

歯の根の先端に感染がない場合では、

歯の根は時間の経過と共に骨と一体化して吸収されていくため、

歯の根の先端が折れた場合でもそれを取り除いた方がいい場合と

あえて取らずに残した方がいい場合があるのです。

千種区の阿部歯科では骨の中に埋まった親知らずも多く抜歯をおこなっていますが、

親知らずの抜歯をした後に生理食塩水で抜歯した穴を洗浄する事があります。

多くは横に寝た親知らずを抜歯する際に

親知らずを分割したり、骨を削ったりした後に洗浄をします。

通常通りに親知らずが生えている場合には

抜歯後に洗浄をしない事もあるのですが、

特定の場合では抜歯後の洗浄が大切となる事もあります。

 

親知らずを抜歯した後に洗浄をする理由とは

親知らずを抜歯する場合に歯を分割したり、

骨を削る必要がある場合には歯を回転切削器具で水を出しながら削る事となります。

その際に、切削粉と呼ばれる削りカスが出る事となります。

 

この削りカスは

歯を削った際の残骸や骨の削りカスという事になりますが、

これらが抜歯した穴に残る事で後々の感染源となる事があるのです。

これらの削りカスは親知らずを抜いた穴だけではなく、

骨と歯肉の隙間に入って残る事もあるため、

これらの削りカスがそういった部位に残らないように洗浄する事が大切となります。

 

これらの削りカスが残る事で

抜歯後の感染の原因となる事を避けるために洗浄を行うのです。

 

あまり洗浄しすぎない方がいい場合

親知らずの抜歯で削る処置をした場合には

基本的には削りカスを除去するために洗浄をするのですが、

中には洗浄しすぎない方がいい場合もあります。

 

それは、抜歯した部位の骨が硬く出血が非常に少なく、

ドライソケットになる可能性が高い場合になります。

削る処置をした場合には、洗浄によって削りカスを除去する必要があるのですが、

ドライソケットになる可能性が高いと思われる場合には

抜歯した穴を洗浄しすぎて、

血の塊ができにくくしてしまわないようにする事も大切となります。

 

しかし、抜歯後の感染を避ける必要もあるため、

ドライソケットになる可能性が予見される場合には

必要最小限で削りカスを除去して、

抜歯した穴を洗いすぎて血の塊ができるのを妨げないようにする事が大切となります。

 

普通に抜歯をした場合でもよく洗浄した方が良い場合

削る処置をしなくても、抜歯後によく洗浄をした方が良い場合もあります。

それは、抜歯した部位に感染が強く起こっており、

不良肉芽と呼ばれる感染が強い組織がある場合です。

 

不良肉芽は抜歯の際にしっかり取り除くために掻把と呼ばれる処置をしますが、

掻把を行った後にはその部位をしっかり洗浄して

感染した組織の残骸が残らないようにする事も大切となります。

これらの感染した残骸が残る事も抜歯後の感染の原因となる事もあるため、

予後をよくするために必要に応じて洗浄を行う事が大切なのです。

池下の阿部歯科では多くの親知らずの抜歯を行っていますが、

親知らずを抜いた後、傷を閉じるために糸を縫う事があります。

その際には親知らずを抜いた後なので

縫合の痛みはありませんが、

その後に糸を抜いていくという処置が必要となります。

 

抜糸はいつ行うか

親知らずを抜いた後に縫合をした場合には

おおよそ1週間後を目安に抜糸を行います。

糸抜きが行われずあまり長期間にわたって糸を残すと

縫合糸の周りに感染が起きる事があるため、

おおよそ1週間が傷が閉じた上で糸を抜いていける目安となります。

 

タイミングが合わない場合には

10日程後に糸抜きを行う事もありますが、

やはり2週間以内には縫合糸を抜く事が推奨されます。

1ケ月以上縫合糸を放置すると

縫合糸の周りが汚れて感染してくる可能性があるため、

親知らずが奇麗に抜けてもその部位が感染してきて

痛みが出てきてしまう可能性があるのです。

 

縫合糸を抜く場合には痛いのか

縫合糸を抜く処置の際には麻酔はしないので

糸を抜く際にはチクチクっとした痛みを感じます。

親知らずを抜いた後の傷口の痛みではないため、

糸が歯肉を通り抜ける時の感触があります。

 

チクチクっとした痛みですが、

糸を抜く際には少し引っ張る必要があるため、

傷口がまだ少し痛んでいる際には

傷口が引っ張られた際の痛みを感じる事もあります。

この痛みは糸が歯肉を通り抜ける時の痛みとは違うため、

傷口の痛みとして感じる事もあります。

 

縫合糸を抜く際の痛み自体はそれほどでもないのですが、

傷口が引っ張られた際の痛みが強い場合には

表面麻酔などをして少し感覚を鈍くさせたうえで

縫合糸を抜いていく事もありますが、

基本的には糸抜きには麻酔は必要ありません。

 

親知らずを抜く場合に縫合するかどうか分かるのか

基本的に親知らずを抜く際には

どのように抜歯を行っていくのかを計画して行うため、

縫合するかしないかはおおよその予想がつきます。

 

どれだけ縫合するかは実際に親知らずを抜いてみないと分からない事もありますが、

縫合するのかしないのか、

おおよそどれだけ縫合するのか、

といった目安はある程度つきます。

 

そのため、縫合するかしないかが気になる場合には

親知らずを抜く前に主治医の先生にたずねてみるのもよいと思います。

親知らずが完全に歯肉の中に埋まっていたり

歯の頭の大部分に歯肉が覆いかぶさっている場合には、

切開をする可能性が高まるため、

縫合する可能性が高くなります。

 

しかし、縫合自体は傷口が開いてこないようにする目的もあるため、

歯の頭が完全に出ている場合でも

状況によっては縫合する事もあるため、

親知らずが埋まっているか埋まっていないかだけで

単純に縫合するかしないかが決定するわけではないという事に注意しておかないといけません。

千種区の阿部歯科では、親知らずは痛くないけれども歯磨きをすると出血する

といった相談を受ける事があります。

親知らずが腫れたり痛んだりした事ないものの

抜いた方がいいのか悩まれる患者さんもいます。

 

親知らずの周りが出血する

歯磨きで出血する場合には親知らずの周りに

感染と炎症がある事が分かります。

親知らずの歯の頭が一部出ているものの歯肉が歯冠にかぶっていたり

磨きにくいといった状態で感染が起きた場合に

親知らずの周りに炎症が起きて潰瘍という感染を伴う傷ができる事があります。

 

この感染部位や潰瘍面から歯磨きによって出血する事になります。

歯磨きで親知らずの周りを傷つけているのではなく、

あくまでも感染部位の傷から出血している状態となります。

この状態はいわば、親知らずの周りが歯周病になっているという状態に似ており、

歯周病で歯磨きの際に血が出るといった状態にも似ています。

 

そのため、親知らずの周りを歯磨きして出血している場合には

その周りが汚れて細菌感染を起こしているという事になります。

 

親知らずの周りが出血する場合には抜歯した方がいい?

感染を伴う親知らずですが、

痛みや腫れといった症状もなく、

今までに腫れた事もないといった場合には抜いた方がいいのか悩むかもしれません。

 

現在の状態として出血を伴っているという事は、

親知らずの周りに感染が起きているという事が言えるため、

今後も感染が続く可能性があります。

 

歯磨きの改善で出血が収まってくる場合はいいのですが、

汚れが溜まりやすい状態には変わりがないため、

あらかじめ、抜歯を予定して抜いてしまうというのも手となります。

以前や現在ともに症状がない親知らずの場合でも

将来的に抜歯をする事になる場合は比較的多いため、

出血といった何かしらの症状が認められる場合は

今後の症状が強くなる前に予防的に親知らずの抜歯を計画していく事はメリットともなります。

 

抜歯をせずに様子を見てもいいのか?

それでも、親知らずの抜歯にふんぎりがつかない

といった場合には様子を見るというのもひとつの手となります。

その場合には、親知らずの症状が出てきて

腫れたり痛んだりしないように親知らずの周りを十分注意深く磨くといった事が大切となります。

 

歯磨きで出血が出る場合には感染があるという事を念頭において

血が出ている場合にはそっとしておくのではなく

逆に清潔にするために歯磨きをこまめにするといった事が大切となります。

しかし、感染が強くなり痛みが出てくる場合には

歯磨きによって傷口を押し広げてしまう事もあるため、

痛みや腫れといった症状が出てくる場合には

歯医者さんを受診して抜歯の必要性を確認していく事も大切となります。

親知らずを抜歯する際には親知らずとは別に傷ができる事があります。

千種区の阿部歯科では深い親知らずの抜歯もしばしば行っていますが、

深くにあったり位置的にどうしても奥にある親知らずを抜くために

器具を奥まで入れる必要があるのですが、

その際に口を大きく開いてもらう必要が出る場合があります。

 

水平埋伏歯の際の口角炎

水平埋伏歯では、親知らずを抜く際には歯肉を切開して、

骨を削る必要が出てくる事がしばしばあります。

さらに、親知らずをバラバラにして抜いてくるのですが、

これらの手技の際にはあまり口の横側、つまり口角の部分にはあまり傷ができません。

 

しかし、親知らずの根っこを抜く際に骨にしっかりかみこんでいたり、

または骨が硬くて力をかけていかないと歯の根が抜けない場合もあります。

こういった際に、器具にしっかり力を入れるために

口を横に引っ張る動作が必要になる事もあります。

 

親知らずの根っこがなかなか骨から抜けない場合には、

このような唇を引っ張る動作の時間も長くなるため、

乾燥している季節などで唇が渇いている場合には、

口を大きく開く事で唇の横が切れて口角炎になってしまう事もあります。

 

冬や冬に入りかけの乾燥した季節で、

さらに親知らずの根を抜くのに時間がかかりそうだといった場合には、

抜歯の手技中に唇を引っ張る事で治療後に唇の横が切れてきたり

ヒリヒリする口角炎となる事があるのです。

 

口角炎になったら

口角炎になった場合には、基本的には1週間ほどで傷口は落ち着いてくる事となります。

口を大きく開けると、また再び傷が開いてしまう事もありますが、

普段通り生活していれば自然と治癒してくる事が大多数となります。

どうしても口角炎が痛い場合には、塗り薬を塗ってもらうなどの処置をしていく事も可能となります。

 

親知らずの抜歯後に糸を縫っている場合には抜糸が必要となってきますが、

抜糸は通常では7日後頃になるので、その頃には口角炎もある程度落ち着いている事となります。

さらに、抜糸の際には親知らずの抜歯の時のような唇を大きく広げる操作は必要ならないため、

痛みがまだ残っていても、軽く唇を開けた状態で抜糸をする事も可能です。

 

親知らずの抜歯で口角炎ができやすい状態とは

まとめると

乾燥している時期

・親知らずの根が骨にしっかり食い込んでいる

・親知らずの周りの骨が硬そう

唇が小さい

・親知らずの埋まり方が強い

等といった要素が治療後に口角炎になる可能性を高めます。

 

これらの要素は患者さん本人ではコントロールできないものがほとんどですが、

可能な事としては、乾燥する時期には治療前からリップクリームなどで唇をうるおすようにしておき、

唇が乾燥していない状態で親知らずの抜歯にのぞむ

といった事で口角炎になる可能性を下げる事もできます。

今池からすぐの阿部歯科では親知らずの相談で多くの患者さんが来院していますが、

親知らずが腫れて痛いといった場合に

まず最初には親知らずの腫れと痛みを抑えていく処置をします。

親知らずの周りを洗浄した上で

抗生物質の投与をおこなっていくのですが、

これらの処置で腫れと痛みが劇的に引く事もあります。

 

親知らずが腫れた際には親知らずを抜きたいと考えていたものの

後日に腫れがひいて痛みがなくなった際に

やはり抜歯しようかどうか悩むと思う患者さんもいます。

 

そういった、腫れたり痛んだりした親知らずを抜かずにする場合には

気を付けておくと良いポイントが多くあります。

 

腫れた親知らずがおちついたので抜かない場合

親知らずが腫れたという場合には、

親知らずの周りが感染しやすく

その結果、腫れと痛みが起きたという事が考えられます。

 

洗浄や抗生物質の投与によって腫れがおさまったものの

以前と同じようにしていると再度親知らずが腫れてくる可能性があります。

そのため、抜歯を行わない場合は再び感染が起きてこないようにするために

親知らずの周りを清潔に保つ事に注意する必要があります。

 

家での歯磨きの徹底はもちろんの事

歯医者さんでの親知らずの周りを中心とした汚れ取りも定期的にしていく事が大切となります。

親知らずの周りが再び汚れて感染を起こしてくると

再び洗浄と抗生物質の投与などで強くなった感染と炎症を抑えていかないといけないため、

親知らずを抜かずにしておく場合には

清潔に維持する事がとても大切となるのです。

 

腫れた事がない親知らずの維持方法

腫れた事がない親知らずの場合も

この先ずっと親知らずが腫れないという保証はないため、

親知らずの周りは清潔にしておく事が大切となります。

 

腫れた事がない親知らずの場合は

日頃から感染しにくい状況が保たれている可能性もあるため、

家での歯磨きを意識して続けていく事が大切となります。

親知らずに関しては腫れが起きると腫れを繰り返す傾向があるため、

腫れたことがない親知らずに関しては

今の状況を維持できるように家でしっかり歯磨きをするととても良いです。

池下の阿部歯科では様々な親知らずの抜歯を行っていますが、

親知らずの状態は患者さんによって様々です。

生え方はもちろんの事ですが、

比較的歯の形が残っている親知らずから、

大きく歯の形が崩壊してしまっている親知らずまで多種多様です。

そして、歯の形がどれだけ残っているかによっても親知らずの抜歯は影響を受けます。

 

虫歯になっているけど歯の頭が残っている親知らず

親知らずを抜く理由の一つで

親知らずが虫歯になってしまっているという理由があります。

特に嚙み合わせに関係もなく、

虫歯になってきているから抜きたい

といった場合にはそれが抜歯する理由となりますが、

歯の頭が比較的奇麗に残っていて通常どおり生えている親知らずの場合には

比較的抜歯が容易になる事があります。

 

歯を抜く際には歯の頭にある程度の力をかける事があるため、

その力によって歯が割れないといった事は

親知らずを抜く際に患者さん側としても楽になるという側面があります。

そのため、虫歯があり、親知らず自体の使い道もない場合は

虫歯がまだでき始めの時でも抜歯をしてしまう事が

患者さんとしても楽で今後の負担を減らせるという場合もあります。

 

虫歯になって歯の頭が大きく崩壊している親知らず

親知らずが通常通り生えていても

虫歯によって歯の頭の形が大きく崩壊している場合もあります。

歯を抜歯する際には、ある程度の力が歯の頭にかかる必要があるため

歯の頭が虫歯で大きく浸食されている場合には、

その力をかけた際に歯の頭がそのまま割れてしまう事もあります。

 

そういった際に、歯の根っこだけになると

抜歯が難しくなってしまう要因となります。

歯の頭が残っている際には、鉗子というペンチのような器具で

歯の頭を挟んで抜く事も可能となり、

梃子(ヘーベル、エレベーター)というマイナスドライバーのような器具では、

歯の根と骨の間の歯根膜の位置をスムーズに確認するために

歯の頭が残っていると有利になります。

 

どちらの器具にしても、歯の頭が残っている事が抜歯を容易にする要素となるため

歯の頭が無くなってしまっていると

抜歯が難しくなる要因となり、その分患者さんの負担が大きくなってしまう事もあるのです。

例としては、歯の頭が完全に崩壊していて器具がどうしてもかけられない場合には

通常どおり生えている親知らずでも

歯茎を切って骨を削るといった処置が必要になる事があります。

 

歯の頭が大きく崩壊している親知らずでは、

基本的に抜歯が選択される事が多くなりますが、

歯の頭がなくなってしまうほど虫歯が進む前に

抜歯を考えたり、残す場合には歯の治療をするといった対処が必要となってきます。

親知らずの抜歯の際に難抜歯と表現される事があります。

難抜歯は歯の根が肥大していたり曲がっていたりといった

様々な抜歯が難しくなる要素を含む事で呼ばれます。

千種区の阿部歯科では様々な親知らずの抜歯を行っていますが、今回は難抜歯についてお話しようと思います。

 

親知らずの難抜歯と水平埋伏歯

親知らずが腫れたといった理由で抜歯をする際に

比較的良く見る状態が親知らずが骨の中に埋まっており

歯が横に寝ていてこれ以上歯が口の中に出てこない

水平埋伏歯と呼ばれる状態があります。

 

親知らずを抜いたら顔が腫れた、痛かった

といった事を聞く事があるかもしれませんが、

このような腫れが大きくなったり痛かったりといった抜歯後の状態は

水平埋伏歯といった歯茎(歯肉)を切り、骨を削ったりして

ダメージが大きくなる際に見られやすくなる事もあります。

 

一方で難抜歯の際にも必要に応じて

歯茎を切り、骨を削り、歯を分割するといった処置を取る事もあるため、

水平埋伏歯と同様に親知らずの抜歯後に腫れが出る事もあります

ただし、

難抜歯の際に、歯を削って歯の根っこを分割しただけといった際には

それほど大きなダメージが出ない事もあります。

 

やや分かりにくい難抜歯と水平埋伏歯の言葉の使い分けですが、

水平埋伏歯の抜歯に難抜歯という言葉も含まれると考えると少し分かりやすいかもしれません。

 

親知らずの生え方で変わる難易度

難抜歯をそのまま読むと難しい抜歯と読めるので

抜くと腫れて怖いのかと考えるかもしれませんが、

一概に難抜歯を行ったから腫れが必ず強くなるというわけではありません。

 

一方で上の親知らずが口の中に出ていてごく普通に生えてる場合は

歯の根が極端に曲がっていたり、極端に歯の根が肥大していたり

といった事がない限りは通常の普通抜歯となります。

 

しかし、上の親知らずの場合に歯が囲われる骨(上顎骨)は

比較的薄い部分が多く、

年齢が高く骨が非常にがっしりしているといった要素がない場合は

ある程度歯の根の先端が曲がっていたり、

歯の根が肥大してひっかかっていたりしても

上顎骨の方がたわんでくれたり、薄い骨を押しのけて抜歯できる事が多いため、

レントゲンで一見しても通常通りの普通抜歯で行える事が多くなります。

 

反対に下の親知らずの抜歯では、

その様な状況が認められる場合には

歯を囲む骨(下顎骨)が丈夫な骨のため、

上の親知らずと似たような状態の歯だったとしても抜歯の難易度が上がって

難しい抜歯手技を求められる(難抜歯)となる事もあります。

 

普通抜歯、難抜歯、水平埋伏歯の抜歯と言葉で区切るのではなく、

それぞれの歯の状態そのものを見てその抜歯の難しさを判定していく事が大切となります。

ご予約
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE